2006年4月〜

12月12日

朝8時半通算3度目の発作になる。全身痙攣・硬直・失禁・涎
     発作後目が見えない状態、放心状態があった。
     そして、初めて部分発作(片足だけ)があった。
     性格の変化も長く続く。 パパは既に出勤済みで現場へ向かっている     との事。もう暫く様子を見るしかないだろう。
12月11日 2

1回で終わるかと思いきや・・本日2回目。 コタツの中に潜っていて発     作がきたので大慌てだった。 失禁・涎・痙攣・硬直が特に酷い
     その後の性格の変化も長い。 直後は目が見えていない状態・・怯え     ている状態だった。 このまま止まればいいけれど、まだ続くのか・・
     次発作きたら、病院だ。
12月11日 1

朝5時30分 発作。 気づくのが遅くなったので最初からは見ていない
     失禁等なく軽めの発作、でもその後が長かった・・性格が変化したまま
     1時間はウロウロと徘徊状態。 発作後直後は目が見えていない様子
     怯えていた。  予兆は感じなかった・・元気でいつもどおりだったと思     う。

11月24日

午前7時45分 発作
痙攣・硬直・発作 薬の服用をはじめてから初めての発作
発作は長いものではなかったが、その後の朦朧とした時間、
立ち直りまでの時間が異様に長い。性格の変化も長い。
予兆は過ぎてしまえば・・だけどあった。
2日間私の側を離れない、甘えの症状があった
普段はパパべったりなのに「変だな」とは思っていた。
この後発作が続かなければいいが・・・
薬でもう少し発作間隔があくことを期待していたのだけど・・
でもこれで終わってくれれば良しだな。

10月31日 (7)

午前8時半 7回目の発作。
時間的に3時間前後で発作がきているので
そろそろか?と思っていたらきた
病院へ行かなくては・・
これから病院に行って来ます

鳴き・痙攣・硬直・泡・涎
性格の変化あり、ずっとハイテンションな状態がつづいている
困った・・
10月31日 (6)

午前5時30分 6回目の発作。
痙攣・硬直・涎・泡
性格の変化なし。
さすがに、こうめも疲れきっている
私たちも疲れた・・
ベッドから落ちなくてよかった

10月31日 (5)

日付が変わったが通算5回目の発作。
午前2時40分。
ここ何回かの発作は約3時間おきにきていることになる
ベッドから落ちての発作、硬直・痙攣・涎・泡・失禁
酷い鳴きがあり、何度も鳴く たまらない・・
性格の変化はほとんどなし。
いったい何度続くのだろうか・・
発作は酷かったが発作後は早い立ち直りなので
今回が最後であってほしいと願いをこめつつ・・・・
あと、1度きたら病院だ

10月30日 4

本日4回目の発作。午後11時30分。
来るだろうとは思っていたがやはり驚く
パパとさくらとベッドで寝ていての発作、寝入りだったのでパパの
慌てた声で駆けつける・・パパ相当動揺。
痙攣・涎・泡・硬直が酷い、鳴きあり・・
この鳴きが、私たちの恐怖をあおる
この分だとまだ発作がくるだろうな。
病院へ行ったほうがいいだろうか・・
前回、5回連続だったからもう少し様子を・・とパパは言うが・・

10月30日 3

本日3回目の発作。8時20分。
予想はしていたがあぁ、来たと・・・
パパの足の間でウトウトしていて発作
激しい痙攣、硬直、失禁、涎、泡 鳴きあり
性格の変化はほとんどなし。
夕飯時異常に食欲があった
この展開だとまだ発作は続きそうだ
さすがに、こうめも体力的に辛い様子。
パパは発作時に手を咬まれてしまった(傷にはならない程度)

10月30日 2

本日2回目の発作。午後5時25分頃。違う部屋で掃除していたので発作には気がつかず発作後ベッドから落ちた音で気がついた
私のミス、側にいてあげられなかった
こうめ、ごめんね。もう目離さないからね・・
布団の上にビチョビチョ部分があった、涎だと思う
クチの周りも泡だらけだった
性格の変化あり、1回目よりは時間は短い
今日は続けてくるのだろうか・・不安。
今は落ちついてジッとしている、疲れただろう・・
今日の散歩は行かないほうがいいだろうな
散歩は好きだけど、体力使うし・・安静にする方が大事だよな。
神様・・もう今日はこれで勘弁してください。

10月30日

午後1時45分・・発作。
硬直・痙攣・泡・失禁
今回は意識鮮明という印象 その後性格の変化あり
いつもより変化時間は長い、左足に麻痺が残っている
まったく予兆はない、見極める事ができなかったのか・・
ソファーで寝ていて起き上がった音で私が振り返り発作の瞬間
からみていたが、まるで走り出すかのような格好で倒れこむ。
側のテーブルにぶつかったので慌ててテーブルをどけた
今回は全く予想していなかった・・最近雨でも元気だったので
油断していたのかもしれない。。
単発ですんでほしい・・
10月6日 3

午後3時・・続けて5回目の発作。
いったい何回続けばいいのか・・・
突然寝ている状態からの発作。硬直・痙攣・涎泡
意識はあるようだが数分の目の見えない状態アリ
怖いのか怯えた声をだす。
ハチミツを口の中にいれてやると、性格の変化はなかった
気付け薬の役目になるようだ・・常備しておいた方が良さそう。
硬直状態のせいなのか足をひきずるような仕草が時々見られる
5回連続ははじめてだ・・症状もどんどん酷くなるように思える
台風のせいなのか  だったら早く去ってくれ。
10月6日 2

午前5時20分 続けて4回目の発作。
酷く怯えたような鳴き声が恐ろしいとさえ思えるようだった
全身痙攣・失禁・泡涎・硬直
またもや目の見えない状態が数分続く
その後、ブドウ糖が切れていたのでハチミツを指で口の中にいれる
すると、性格の変化がすぐにおさまった
効果あり?なのか・・
こうめはかなり衰弱した様子。落ち着かない
発作自体の時間はとても短かったが続けての発作は
肉体的にも精神的にも辛いだろう。。
添い寝して体を撫でながら横になる・・疲れた
10月6日 1

続けて3回目の発作になる。予想はしていたがこの分だと後何回
発作が出るかわからない。
酷い発作だった、、全身硬直・痙攣・失禁・泡涎
そして初めてだが盲目の状態になった様子。
てんかん発作にはある症状だと聞いていたがショックだ。
硬直状態が続いている際、意識がないのか確かめるために
目の前で指を出すが反応が全くない
呼びかけには反応あり・耳に息をかけると反応ありなので
やはり意識はある。
盲目状態は2〜3分程度。
性格の変化あり、発作中苦しそうに声を何度もあげる
「助けて、助けて」と言っている様で辛い。
パパと二人で体を撫でながら
「大丈夫、大丈夫、頑張れ」と声をかけるしかできない

やはり何度見ても慣れることが出来ない。辛い。
10月5日 2

夜9時20分本日2回目の発作。パパに寄りかかって寝ていてそのまま
発作がきた。前回と同じイビキとも空気の音ともとれる音あり。
全身痙攣・涎・泡・ やはり発作時間がいつもより長い

予兆として座る位置が決まらずウロウロとしていた
傾向として何度も同じ事を繰り返していると発作の可能性あり。
発作後性格の変化あり、回復が早いと感じた。
台風の影響だとすれば、明日も雨との事なので
まだ発作が続く可能性がある。
どうもコウメは気圧に凄く左右されているように感じる
今夜も要・警戒
10月5日 1

午前10時発作あり。硬直・痙攣・泡・涎
空気が漏れるような、イビキのような大きな音を発した
痙攣が強い、発作後性格の変化あり。
右足に麻痺症状が見られる
発作時間が少し長いようだ・・
立ち直りは早目かと思う

台風の影響か・・心配していたがきたか・・という感じ。

9月12日 3

午前10時半発作。硬直発作・痙攣・尿失禁・涎
完全に意識のある状態での発作。怯えとも恐怖とも聞こえる悲鳴のような
酷い鳴きあり。
今回はダメかと思った・・こんなに立て続け・・しかも時間が短くなってきている
気が動転し、こうめを抱いたまま泣いていた。
もう、猶予はない、病院へ行かなくては。

病院にいったが、この天気の悪さ、気圧の変化が脳圧をおかしくしている
のではないかとのこと。コレ以上発作があるようなら薬の投与をはじめなくてはならない・・だが今の段階では今までの歴からいって10月以降の発作が少ない事
何ヶ月も発作のない状態が期待できる事から様子をみることに。
鎮静剤をうって安静にするように指示される。
車中も帰宅後も興奮状態が続いていたがその後薬が効き始めたのか
眠るようになる。
このまま今日は寝かせてあげたい・・
弟が長い間付き添ってくれたので助かった
病院へも連れて行ってくれたし・・
パパは仕事で遠いトコにいるため全くアテにならない。

興奮しやすい状態を避けなければいけないらしい
どうすればいいのか・・・


9月12日 2

午前6時半発作。硬直発作・痙攣・尿失禁・涎
恐怖なのか痛みなのか声をあげて鳴く
この声・・たまらない。
発作時間は短いものだったが、発作中完全に意識がある様・・
意識の無いほうがこうめも楽なのに・・
何でこんなに立て続けなんだ・・
私も恐怖。
こんなに連続なのはじめて。

9月12日 1

前回といっても約12時間前 立て続けの発作
硬直発作・痙攣・尿失禁・涎
発作中「ひーーん」と鳴く
立て続けの発作だが予兆は感じなかった
発作後フラフラの状態でウンチ
発作後性格の変化あり。
お腹がすいた様子で猫のご飯を勝手に食べる
台所には犬が入らないよう戸をつけたが潜ってはいる
普段ならこんな事はしない。
凄い食欲でいろいろと食べ漁った後家の中をウロウロする

パパがいたので良かった、こうめと一緒に寝てたパパが気がついた
発作後足を引きずる・・麻痺が残っているのか・・・・
昨日の発作後夜の散歩に出たが行かないほうが良かったんだろうか
これからも要・警戒だ

9月11日

PM2時すぎに発作。寝ている状態から宙返りするかのように後ろに倒れる
激しい全身痙攣・涎・硬直・失禁
長めの発作だった、発作後フラフラの状態で自力でトイレに行こうとする
でも全然歩けないので補助しトイレへ、支えながらウンチをした。
その後今までに無いほどの性格の変化あり
さくらに乗り、引き離しても何度も乗る・・うなり声をあげて乗る
さくらは遊びモードだったが余りのしつこさにケンカ直前モードまでいく

今日は早朝から物凄い雷雨。天候は発作時は安定してるようだったが
やはり低気圧の影響か・・。

このところ発作後の性格の変化が発作ごとに酷くなってきている
今まで性格の変化と呼んですんでいたが「凶暴化」にならなければいいが・・
まるで「ヤヌスの鏡」みたいな変身ぶり・・
獣医さんに相談してみよう。。
今月を乗り切れば、天候も安定してくると思うのだが・・
前回の発作から17日目だった。


8月26日

朝の発作。凄く久しぶりの早朝発作だった。ベッドから滑り落ちるよう
     に落ち全身痙攣・涎・泡。
     短い時間の発作だったが、その後の状態が長く続いた
     右後ろ足に麻痺が残る、その後回復するが心配。
     発作後性格の変化あり、発作時間のわりには状態が悪い。
     フラフラとトイレに行き排便・排尿する どうしても自力で行きたいんだな
     と感心。
     久々にパパがいる時間の発作だった、やはり誰かいると私も精神的に     楽、処置などの手順にはイライラさせられるけど。
     発作で起きると外は大雨、やはり天候の変化か・・。

8月7日

全身痙攣・失禁・硬直 今回は口を大きく開けて苦しそう。
発作直前に鳴き有り こうめの非常事態の鳴き。
目の前で鳴くところから転倒とみてしまったが転倒の瞬間
何かから逃れようとするかのように走り出すような仕草
結果的にはダイブするようになった
発作後立ち上がれない状態、ヨロヨロしながらも立ち上がったかと思うと
トイレで便をした。かがむが体もユラユラ・・こうめもきっと漏らすのはイヤなんだな・・と変に感心してしまった。
その後性格の変化・・なかなか呼吸が落ち着かず全身を使うように呼吸
1時間ほどたってから落ち着いたのか全く動かず熟睡する
台風がきているとか・・その影響だろうか。
回数を重ねるごとに発作の度合いというか、酷さ・新しい発作の種類が
増えている。悪い傾向にある。
早く夏が終わり冬になってほしい・・台風よもう来ないで。

7月13日

全身痙攣・泡涎・硬直・失禁・脱糞
今回も非常に強い発作だった・・脱糞はひさしぶり
発作の場所が玄関だったので固い石の上、しかも折りたたみ自転車の横
非常に危ない。口をパクパク開ける仕草。
直前の鳴きあり。発作後酷いふらつき。
口の中に入れる(舌を咬まないようにするための)ガーゼを
丸めた物を作って用意していたが結局タオルを入れてしまった
性格の変化有り。まるで他犬の様。


7月7日

今回の発作は今までとは違うものだった
全身痙攣・泡涎・硬直がみられた。今までの中でも酷い発作。
目の前で発作の瞬間を見たがイナバウアーの様にそっくり返って倒れた
舌が口から出ていて危険だったのでタオルを慌てて突っ込んだ
初めてのこと。対策を考えなくては。。
今回は直前の鳴きはまったくなし。
発作後性格の変化が有り。発作後のふらつきが酷い。


6月9日

昨日に続き今日も発作。昨日の発作後からおかしい状態が続いていたので心配していたが続けてとは・・

今日も発作直前に襲われるような痛がるような鳴き声。
激しい痙攣、硬直 涎泡が昨日より酷い。失禁あり。
昨日より時間が長い その後のフラツキもなかなか直らない状態
性格の変化あり。

今日は酷かった・・発作中久々に恐ろしさのあまり涙が出た


6月8日

前回の発作から45日目
痙攣・涎泡・失禁・・今回は硬直が酷かった
発作直前凄い声で鳴く 何かに襲われるような凄い声だった
発作後硬直がとけずになかなか立ち上がれない状態。
性格の変化は10分程度アリ。
その後、落ち着くがハイな状態が今も続いている
今夜中に2発目の発作があるかもしれない。
今雨が降りはじめたが低気圧の影響で発作がきたのかな・・

4月24日

全身痙攣・涎・軽い失禁
前回の発作から53日目。発作直前に鳴き有り。
怯え鳴きと言えばいいのか・・凄い声で鳴く
きっと、発作はこうめにとって怖いものなんだろうな・・
発作後性格の変化があり、少しの時間他犬の様
ふらつきは少なめ。

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー